雑記

うな次郎を食べた感想

ヤゼ(@0yaze0)です。

ヤゼ
ヤゼ
これはうな次郎を食べたというだけの記事

うなぎ凄く好きなんですけどね~。

個人的にこの『絶滅しそうって言ってるのに、気にせずコンビニでもスーパーでもどんどん出す』って状況に、そのうち食えなくなるだろうなーって思ってる感じです。

好きだけど、絶滅させるくらいなら一年・二年くらいちょっと控えて欲しい。

まぁ、それは言ってても仕方がないので置いておいて。

すり身関係の会社がやたらうなぎの類似品チャレンジやってるのは知ってたんですが(個人的に一番気になるのはナマズ)うな次郎を見つけたので購入しました。

本当は去年食べたかったんですけど、去年ゲット出来なかったんですよね。

初うな次郎。

ヤゼ
ヤゼ
うなる美味しさ うな次郎……。

一正蒲鉾株式会社 うなる美味しさ うな次郎 長持ちパック

  • 内容量:2枚(たれ・山椒付)
  • 本体価格:328円(税抜)
  • 要冷蔵(1~10℃)
  • アレルギー該当特定原材料:卵、小麦、えび、かに、大豆、ゼラチン

公式サイト うな次郎

電子レンジ対応容器

容器のままレンジで暖め可能。容器も熱くならない!

加熱時間の目安

  • 500w 1分
  • 600w 50秒

※加熱時は添付のタレ・山椒を取り出してから温めてください。

炭火焼き風の香りを閉じ込めた特製たれ

レンジで温めた後にかけると、炭火焼き風の香りが楽しめる!

今までの「うな次郎」より美味しさ長持ち

従来品より賞味期限が長い!

そもそもコレが従来品ではないということに、この記事を作ってる最中に気づいたんですけど、うな次郎めっちゃ頑張ってるな……。

 

まぁ、自分は毎回うなぎ食べる時に、フライパンにお酒とタレをいれて蒸し焼きっぽく少し煮てから食べてるので、その方法で加熱してみます。

見た目と匂いはめっちゃ限りなくうなぎ。

山椒好きだからもうちょっと多くかけても良かった。

箸で切るとこんな感じ。

皮の再現度は高いと思う。身は本来のうなぎより柔らかい。

 

で、味なんですけどー。味はねー。

ヤゼ
ヤゼ
………はんぺんだコレ!

ってなります。

うなぎを頭に思い浮かべて口に入れると、どう頑張っても駄目です。
あっ、違う!」ってなります。

 

でもマジで最初の一口だけ「うううん……」ってなるんですけど、食べ進めるうちに

「いや、これは……これで…有りな…気がする……」

っていう謎の洗脳が始まります。なんなんだ、うな次郎……。
なんだか不思議な体験をしている……。

 

うなぎ特有の生臭さが駄目って人は好きそうだなぁ。骨とかもないし。

個人的に皮がかなり美味い

っていうか、総合的にうな次郎は美味しい
うなぎだと思うと偽物って気持ちになるんですけど、練り物として食べると美味い

(それは有りなのか???)

あとコレ、公式もそう言ってた記事をどこかで見た気がするけど、単体で食べるんじゃなくて、うなぎを使った卵焼きとかひつまぶしとか、そういうアレンジした食べ方が正解な気がします。

Amazonは6個セットしか売ってないけど、単体だと何より安いしね。

他の会社でもうなぎ風練り物作ってるみたいなんで、それも試してみたいんですよね~。
食べたらまた記事にでもします。

 

そんな感じです。